スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展

兵庫県立美術館-「芸術の館」
借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展
平成23年7月23日(土)~9月25日(日)
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1107/index.html

スタジオジブリ制作のアニメーション映画「借りぐらしのアリエッティ」(2010年7月公開)で描かれた小人の世界が、巨大なセットとして兵庫県立美術館の展示室に出現します。セットを制作するのは今最も注目されている映画美術監督・種田陽平。彼は、「キル・ビルVol.1」、「THE有頂天ホテル」、「フラガール」など、数々の話題作を手がけ、国内外で高い評価を受けている美術監督です。

暮らしに必要なものを人間の家から借りてくる「借りぐらし」を営む小人の少女アリエッティとその両親。映画「借りぐらしのアリエッティ」では、人間に見つからないように用心深く慎ましく、でも豊かに生きる彼らの生活と、アリエッティと人間の少年・翔との心の交流が鮮やかに描き出されました。

本展では、種田陽平が実写映画の技を惜しみなく注ぎ込みセットとして創り出したアリエッティの家の中に入り、その世界を体感していただくというものです。さらに、スタジオジブリの手による映画のイメージボードや背景画といった貴重な制作資料も原画で展示します。

また展覧会の後半では、映画全体の世界観を決定する上で重要な役割を担う「映画美術」に焦点を当て、美術監督・種田陽平がこれまでに手掛けた実写映画美術の多岐にわたる仕事を、場面写真やセットの模型などの資料でご紹介します。種田陽平の優れた創造力と芸術性が遺憾なく発揮されたこれらの展示を通して、映画の世界観と魅力を存分に味わっていただけることでしょう。



昨年は「ジブリの絵職人男鹿和雄展 トトロの森を描いた人」を観に行きました。
今年は道に迷わずに行きたいと思います!
スポンサーサイト
.14 2011 未分類 comment2 trackback0

借りぐらしのアリエッティ 届きました~

借りぐらしのアリエッティ
昨日急いで予約注文をしたのですが、丁度良いタイミングで?本日到着しました!洗濯ばさみ付きです。
見るのが楽しみです。

.17 2011 未分類 comment0 trackback0

東北地方太平洋沖地震への募金

当店も微力ではございますが東北地方太平洋沖地震への募金をさせて頂きました。
募金方法にはいくつかの方法がございますが、googleによるまとめページを作成されているようですのでご案内をさせて頂きます。

募金情報まとめ google
http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin
.13 2011 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

スポンサードリンク

記事検索

プロフィール

books.optimize

Author:books.optimize
本・雑誌・CD・DVD等、買取致しますのでお気軽にご相談ください。主にAmazonマーケットプレイスにて販売。入荷状況を発信しております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

RSSリンクの表示

Twitter

Twitter < > Reload

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。